健康経営の取組み

岡山県環境保全事業団は、「安心して働き続けることのできる職場づくり」を重要な経営課題と位置づけ、健康経営の取組みを推進しています。
ここでは、岡山県環境保全事業団の健康への取組みをご紹介します。

健康経営宣言

公益財団法人岡山県環境保全事業団 理事長 坂井 俊英

公益財団法人 岡山県環境保全事業団

理事長公益財団法人岡山県環境保全事業団 理事長 坂井 俊英

職員のみなさんの幸せと事業団の持続的発展に取り組みます

 皆様方には平素から当事業団の活動に格別のご高配を賜りありがとうございます。
岡山県環境保全事業団は、1974年(昭和49年)に設立され、「地球環境の保全」、「良好な生活環境の確保」、「資源循環型社会の形成」及び「自然共生社会の形成」など、快適で持続可能な地域社会の実現に寄与することを目的とし、行政施策と協調しながら多様な事業に誠実に取り組んできた公益財団法人です。
私たち事業団は、「安心して働き続けることのできる職場づくり」を重要な経営課題と位置づけ、健康経営の取組みを推進しております。
職員が健康な状態で、仕事と生活の調和がとれた働き方ができることは、私たちの「活きる時間」の増加につながり、経営理念「わたしたちは環境関連事業を通して社会の持続的発展に貢献します」を実現するための礎となります。職員の幸せと事業団の持続的発展のために、一丸となって取り組んでまいります。

健康経営活動方針

●仕事と、子育てや介護、治療などの生活との両立を図ることのできる
働きやすい職場を目指します

 ・テレワークやフレックスタイムの検討と導入により、柔軟な働き方が
   できる環境を整えます
 ・業務の生産性向上に取り組むことで、残業時間の削減や有給休暇を
   取得しやすい環境づくりを目指します

●全職員の健康保持・増進や重症化予防により、
生き活きとした職場を目指します

 ・講習や体力測定などのイベントを開催し、健康への理解度向上を目指します
 ・職員の活動をポイント化し、還元する仕組みの導入や、健康器具の設置により、
   職員間の交流を図り、楽しみながら健康づくりに取り組みます