先輩の声

先輩の声

Q1 環境保全事業団に入社しようと思ったのはなぜですか?

環境保全事業団に入社しようと思ったのはなぜですか

環境保全事業団に入社しようと思ったのはなぜですか

環境保全事業団に入社しようと思ったのはなぜですか

  • 生まれ育った岡山で様々な視点から環境保全に関わりが持てることに魅力を感じたからです。
    環境事業部 2020年入社
  • 化学を勉強した中で幅広く環境に関する仕事をしたいと思ったため。
  • 環境事業部 2020年入社
  • 環境問題について元々関心がありましたが、自分が個人でできることは限られていると感じていた時にこの仕事を見つけ、ここしかないと思いました。
  • 環境調査部 2019年入社
  • 学生時代に学んだ生物を活かした仕事に就きたかったのはもちろん、自然保護センターやアスエコなど、他にはない公益的な業務に惹かれたため。
    環境調査部 2019年入社
  • 環境に携わる仕事を岡山で行いたいと考えていたため。
    環境事業部 2019年入社
  • 環境に関わる仕事を通して地元である岡山に貢献したいと考えていて、そんな時に事業団のことを知ったからです
    環境事業部 2018年入社
  • 事業団を知ったのは、先輩が大学へ説明に来られたからでした。説明を聞いて、幼い頃から関心のあった環境問題に携われる、大学の専攻が活かせると思ったからです。
    環境調査部 2017年入社
  • 学生時代に学んだことを活かし、地域の環境保全に貢献したいと思ったからです。
    環境調査部 2017年入社
  • 学生時代に抱いた夢「岡山の環境保全に貢献する」ことができると思ったからです。さらに、大学院で学んだ知識・ノウハウを活かせると思ったからです。
    環境調査部 2015年入社
  • 幼いころから自然に関することが好きでした。就職活動中探していた事務職の中で唯一自然などに関わりのあるところであったためここにしようと決めました。
    環境調査部 2015年入社
  • 県外の大学へ進学し,生物学を専攻する中で,地元岡山に戻り,生き物を守っていきたいという思いが生まれたからです。
    環境調査部 2015年入社
  • 就職活動中の合同説明会で信頼感を抱ける説明をしていただけたから。
    また、自分が持っていた知識、経験を活かせると感じたから。
    環境事業部 2015年入社
  • 今まで育ててもらった地元岡山で岡山のためになる仕事を一生続けることが夢だったからです。
    環境事業部 2015年入社
  • 生まれ育った「岡山」に自分のできる分野で貢献したい!と考えたから。
    環境事業部 2013年入社
  • 児島湖流域清掃大作戦に参加した際に、参加者の中でもとりわけ積極的に活動を行う姿を見て、岡山県の環境保全に尽力している方が多い会社だと思ったからです。
    環境事業部 2013年入社

Q2|現在の主な仕事は何ですか?

現在の主な仕事は何ですか?

  • 産業廃棄物の埋立処分場の管理と地域の緑化業務を行っています。
    環境事業部 2020年入社
  • 廃棄物焼却処理施設、水処理施設の維持管理
  • 環境事業部 2020年入社
  • 海水、河川水、排水、廃棄物等に含まれる金属の分析をしています。
  • 環境調査部 2019年入社
  • 生物調査業務
    環境調査部 2019年入社
  • 水島クリーンセンター(廃棄物焼却施設)及び排水処理施設の管理全般(運転業務以外)。
    環境事業部 2019年入社
  • 埋立処分場管理業務と建設残土センター管理業務を行っています。
    環境事業部 2018年入社
  • ICP発行分光分析装置を用いて、環境水や産業廃棄物中の金属分析をしています。
    環境調査部 2017年入社
  • 環境アセスメントの調査対象の内、生物調査を中心に担当しています。
    例えば、施工予定のある場所に希少な動植物が生息していることが分かった場合、代わりになる環境を見つけて移植したりもします。
    環境調査部 2017年入社
  • オートアナライザー(自動分析装置)を使用した、窒素・燐等の栄養塩類の分析と並行して蒸留装置を使用した、手分析。
    ダム・海域の水質調査など。
    環境調査部 2015年入社
  • 分析証明書の発行、請求業務、受付、その他業務に必要な書類の作成
    環境調査部 2015年入社
  • 環境アセスメント,環境調査,環境学習
    環境調査部 2015年入社
  • 水島管理事務所における廃棄物処分に関する窓口業務。(契約、相談、顧客訪問など)水島処分場での見学者対応やシステムの維持管理。
    環境事業部 2015年入社
  • 水島クリーンセンターの維持管理。
    環境事業部 2015年入社
  • 埋立処分場管理業務。
    環境事業部 2013年入社
  • 水島クリーンセンターの維持管理業務がメインです。
    環境事業部 2013年入社

Q3|この仕事の魅力、良いところ、楽しいところは、どんなところですか?

この仕事の魅力、良いところ、楽しいところ

  • 産業廃棄物の埋立処分場の適正管理を通じて、岡山の産業活動に貢献できていると感じられるところです。
    環境事業部 2020年入社
  • 自分が勉強してきた化学が実際に利用されていることを実感できるところ。
  • 環境事業部 2020年入社
  • 自分でその日のどの分析をするか計画を立てられる自由さがあります。元々細かい作業をするのが好きなので、仕事自体が楽しいです。
  • 環境調査部 2019年入社
  • 鳥類、水生生物、昆虫、植物など、様々な分野について調査できるところ。また仕事で県内の様々な場所に行けるのも、フィールド好きの私にとっては魅力的です。
    環境調査部 2019年入社
  • 岡山県における環境事業のトップランナーとして自他ともに認識され、誇りをもって仕事に臨むことができるところ。
    環境事業部 2019年入社
  • 日頃から現場の進捗状況を見ながら仕事が出来てやりがいが感じられるところです。
    環境事業部 2018年入社
  • 分析のみではなく、採水や報告書作成も行うため、一連の流れを感じられるところ。
    産業廃棄物処理や分析など、異なる角度から環境問題に関わる仕事ができるところ。
    環境調査部 2017年入社
  • 環境調査や環境学習、ゴミ処理問題など、部署によって形は様々ですが、岡山の環境保全に最前線で関われることです。
    環境調査部 2017年入社
  • 魅力:どの部署に配属されたとしても、岡山の環境保全に貢献できることです。
    良い所:分析室での分析業務だけでなく、ダムや海域等へサンプリングにも行きますので、楽しいですよ!船を自分で運転することもあります。
    環境調査部 2015年入社
  • 作業が効率よく進んでいって、手早く作業がこなせると達成感があります。
    環境事業部 2015年入社
  • 環境に関わる幅広いジャンルの仕事ができることです。
    環境調査部 2015年入社
  • 岡山県を支えている様々な業種の方とお話ができること。岡山県内の地域ごとの産業の特色など今まで見えなかったものを見ることができます。こういった経験ができる仕事はなかなかないのではないかと思っています。
    環境事業部 2015年入社
  • プラント管理全てに携われるところですね、現場のいろんな人とお話したり、モーターをばらして見たり、機械系としてテンションが上がります。
    環境事業部 2015年入社
  • 常に現場に立って仕事ができること。
    環境事業部 2013年入社
  • 様々な問題が起き、その問題を解決できた際の達成感です。
    環境事業部 2013年入社

Q4|この仕事の難しいところはどんなところですか?

この仕事の難しいところ

  • 産業活動-環境保全というジレンマのなかで、環境への影響をいかに最小限に抑えるか使命感を持って取り組むところです。
    環境事業部 2020年入社
  • 経験がないと判断し難いことが多いところ。
  • 環境事業部 2020年入社
  • 分析用の試料によって工夫が必要なことです。やり直しになることもあるので、納期に追われることもしばしばあります。
  • 環境調査部 2019年入社
  • 生物の専門性が求められるだけでなく、お客さんとのやりとりから書類・報告書作成に至るまで幅広く仕事をこなす必要があるところ。
    環境調査部 2019年入社
  • 将来を見据えた計画を立てたり、運転に支障の出そうなトラブルの芽を早めに摘み取らなければならないところ。
    環境事業部 2019年入社
  • 様々な知識を必要とするので学ばなければならないことが多いところです。
    環境事業部 2018年入社
  • 分析作業と、それ以外の作業(採水準備、報告書作成など)を効率よく進めるところ。
    お客様に、分析結果やその理由などを説明するところ。幅広い知識が必要だと感じています。
    環境調査部 2017年入社
  • 必要な知識が多いことです。また、一度覚えたことも更新されていることがあるので、情報収集が大変です。
    環境調査部 2017年入社
  • 分析した値は、最終的に環境計量証明書の形で、お客様へ提供されます。データまとめ時(入力・計算等)のミスは致命的になりますので、かなり神経を使います。
    環境調査部 2015年入社
  • 皆さんが入力してくれたデータが最終的な窓口として多くやってきますが、間違いが無いかのチェックを念入りに行う必要があることです。
    環境調査部 2015年入社
  • 複数の業務が平行して行われる中で,一つ一つ丁寧に,確実に行わなければならないことです。
    環境調査部 2015年入社
  • 相手の思いを感じとり、こちらの思いを正しく理解してもらうこと。
    円滑なコミュニケーションをとることの難しさを日々感じています。
    環境事業部 2015年入社
  • 機器の故障や急な事故が起こると、ベストな対処をすぐに実行して、被害を最小限に抑える必要があるので、その際の対応には苦労します。
    環境事業部 2015年入社
  • やったことのない分析がきたときや思ったような値が得られなかったときは頭を抱えます
    環境調査部 2014年入社
  • リアルタイムで起こる問題について、様々な方法で柔軟に対応しなければならないことです。
    環境事業部 2013年入社

Q5|入社して分かった、環境保全事業団の良いところ

入社して分かった、環境保全事業団の良いところ

  • 仕事や趣味に取り組む姿勢から、やっぱり環境に対する関心が高いんだということが分かりました。
    環境事業部 2020年入社
  • 自分とは違う分野の知識を持った方と情報交換しながら仕事ができるところ。
  • 環境事業部 2020年入社
  • 穏やかで良い人が多いです。わからないことがあるとみなさん丁寧に教えてくださいます。
  • 環境調査部 2019年入社
  • 人が優しく、穏やかな雰囲気で仕事ができるところ。
    環境調査部 2019年入社
  • 各分野におけるスペシャリストが大勢いるところ。
    環境事業部 2019年入社
  • 一人ひとりが「芯」や「信念」をもって仕事に取り組んでいるところです。
    環境事業部 2018年入社
  • 皆さん優しいので楽しい気分で過ごせます。上司への相談もしやすい環境です。福利厚生が充実しているとも感じています。
    環境調査部 2017年入社
  • 分からないことがあっても、経験豊富な先輩方が助けてくれるところです。
    環境調査部 2017年入社
  • 「岡山県環境保全事業団」と言う名前のブランド力の高さです。
    プライベートでも、環境系の活動をしたい人にとっては、最高の環境です。
    環境調査部 2015年入社
  • 皆さん優しい!→穏やかな日々が過ごせます。
    環境調査部 2015年入社
  • 何を目標として仕事をしていけば良いのか、態度や言葉で教えてくれる上司がいることです。
    環境調査部 2015年入社
  • 遅くまで残業することがあまりないので、終業後の時間が長く自分のやりたいことができています。
    環境事業部 2015年入社
  • 仕事上での提案や、お休みをとる際にも自分の意見が通りやすいのは嬉しいです。長期休暇をとっての海外旅行も可能ですよ。
    環境事業部 2015年入社
  • 真剣に相談に乗ってくれる、支えてくれる先輩や同期がいること。また自分の成長できる制度や環境があること。
    環境事業部 2013年入社
  • 職員の方々が非常にやさしく、またアフターファイブを満喫できることです。
    環境事業部 2013年入社

Q6|環境保全事業団の変えたいところ

環境保全事業団の変えたいところ

  • 保守的な空気が流れるときがあるのでそこを変えたい。
  • 環境事業部 2020年入社
  • 他事務所の方と一緒に仕事をする機会が少ないところ。
  • 環境事業部 2020年入社
  • 部署間での壁を感じることがたまにあります。コミュニケーションをとれる機会がもっとあるとよいと思います。
  • 環境調査部 2019年入社
  • 保守的なところ。
    環境調査部 2019年入社
  • 事務所間の交流が少なく、顔と名前の一致しない人がいるので、事務所間の交流を増やしたい。
    環境事業部 2019年入社
  • 部署など関係なくもっと職員同士がコミュニケーションを取れるようになればいいなと思っています。
    環境事業部 2018年入社
  • お昼や、終業後のコミュニケーションをとれる機会を増やしたい。
    環境調査部 2017年入社
  • 日々変化していく環境ビジネスの流れに取り残されないようにしていきたいです。
    環境調査部 2017年入社
  • 仕事上の環境保全だけではなく、個人でも環境配慮行動が自然に行える雰囲気にしたいです。
    環境調査部 2015年入社
  • 近代的な感じをもっと取り入れたいですが。
    環境調査部 2015年入社
  • 食堂があるとコミュニケーションの活性化にも繋がると思います。
    環境調査部 2015年入社
  • 現状をよしとしてしまいがちな文化。
    変化を恐れず、まずやってみるという精神でものごとに取り組む必要性があると感じている。
    環境事業部 2015年入社
  • 会社全体の若返り!社内交流イベントの充実!
    環境事業部 2015年入社
  • 団内での繋がりがもっと増えたらいいのになと思います。
    環境事業部 2013年入社
  • 平均年齢の逆ピラミッド化です。
    環境事業部 2013年入社

Q7|休日の過ごし方

休日の過ごし方

  • 吹奏楽の社会人団体で打楽器を演奏しています。また、釣りやキャンプも好きで趣味と趣味の両立に困っています!
    環境事業部 2020年入社
  • 楽器を弾く。興味を持ったことの勉強 (最近だと麻婆豆腐の作り方やチェスなど)。
  • 環境事業部 2020年入社
  • イベントや旅行好きなので、学生時代の友人とあちこちへ行っています。
  • 環境調査部 2019年入社
  • 野鳥の会、山登り、旅など、とにかく外に出て遊んでいます。
    環境調査部 2019年入社
  • 家族との時間を過ごしたり、釣りやツーリングでのリフレッシュもしています。
    環境事業部 2019年入社
  • 休日は読書や絵を描いています。最近では、県外に行って遊ぶこともしばしばあります。
    環境事業部 2018年入社
  • 倉敷市の吹奏楽団に所属して、クラリネットの練習に励んでいます。家族や友人と会う時間も大切にしています。
    環境調査部 2017年入社
  • 趣味の魚釣りに行ったりしています。
    環境調査部 2017年入社
  • 環境イベントへの参加 環境系NPO活動 釣り ドライブ等
    仕事とメリハリをつけて思いっきり遊んでます。
    環境調査部 2015年入社
  • グルメ旅行、コンサート、温泉。
    環境調査部 2015年入社
  • 寝る,遊ぶ,食べる,撮る,苔る,狩る。
    環境調査部 2015年入社
  • 魚釣り、ボウリング、音楽ライブ、音楽フェス。
    休日ではなくても終業後にこれらの趣味に取り組むことができておりありがたい限りです。
    環境事業部 2015年入社
  • 草野球、映画、温泉、あとゴルフをします。それ以外の日は家でゴロゴロしています。
    環境事業部 2015年入社
  • 登山、キャンプ、旅行など。夏休みの長期休暇で日本アルプスに登りました!
    環境事業部 2013年入社
  • 買い物やスポーツなど、自分の趣味に時間を注いでいます。
    環境事業部 2013年入社

Q8|この仕事を、漢字一文字で表すと何ですか?

仕事を、漢字一文字で表すと何

  • 「添」
    地域の方々や企業、そして団内の仲間と寄り添って進めていく仕事だと思います。
    環境事業部 2020年入社
  • 「繋」
    事業団内外問わず多くの人との繋がりで、住み良い環境を次世代に繋げる仕事。
  • 環境事業部 2020年入社
  • 「確」です。
  • 分析業務では正確な結果を確信をもって提出することが要求されます。そのためには確認作業がとても重要だと感じています。
    環境調査部 2019年入社
  • 「和」です。
    一緒に働く人やお客さんとのコミュニケーションが一番大切と感じるからです。
    環境調査部 2019年入社
  • 「協」
    力を合わせて仕事を進めていると感じることが多いため。
    環境事業部 2019年入社
  • 「団」です。
    団員を含め業者の方など様々な人で成り立っているからです。
    環境事業部 2018年入社
  • 「合」
    一見異なるような仕事内容を合わせて、環境保全に向きあう仕事だと思っています。また第三セクターとして、様々な立場の人を結び合せることで、地域の環境を守っていく仕事であるとも思っています。
    環境調査部 2017年入社
  • 「新」
    環境は変化の激しい分野です。そのため、環境保全のためには、常に新しいことに挑戦していく必要があると思います。
    環境調査部 2017年入社
  • 「誠」
    常に誠実に!
    環境調査部 2015年入社
  • 「鳥」
    日々ちょこちょこと動いています。
    環境調査部 2015年入社
  • 「苔」
    ひっそりと,でも無くてはならない地球を守る立役者!苔は環境の悪いところでも生育し,土壌を耕していく能力があります。
    環境調査部 2015年入社
  • 「考」
    自分が取り組んでいることの本質的な意味を常に考えながら仕事を行うことが大切です。
    環境事業部 2015年入社
  • 「保」
    安定した操業で環境を保全するお仕事です。
    環境事業部 2015年入社
  • 「学」
    地域の環境スペシャリストとして幅広い知識・技術の習得を目指し、常に「学び」続けることが大切だと思うからです。
    環境事業部 2013年入社
  • 「支」
    岡山県の環境を裏から支える、非常に重要な仕事だと思います。
    環境事業部 2013年入社

Q9|これから受験しようとしている人への一言メッセージ

  • 環境保全に感心のある方は、ぜひ視野を広くして就活に臨んでください。そこで事業団の魅力を感じられればオススメですよ!
    環境事業部 2020年入社
  • たくさんの学びがあるところです。自分の強みを意識して頑張ってください。
  • 環境事業部 2020年入社
  • 誇りが持てる仕事だと思います。採用若干名という言葉に恐れず、思いっきり事業団への思いをぶつけてみてください。応援しています。
  • 環境調査部 2019年入社
  • 事業団でどんなことがしたいのか、働いている自分をイメージしてみると良いかもしれません。頑張ってください!
    環境調査部 2019年入社
  • 仕事は30年以上続き、人生の多くを占めるものなので、自分の信念を持って後悔のない就職活動をしてください。
    環境事業部 2019年入社
  • 大変だとは思いますが、自分の「環境」に対する思いをぶつけていってください。
    一緒に働ける時を楽しみにしています。
    環境事業部 2018年入社
  • 就活は大きな分岐点ですので、沢山悩むと思います。悔いの無い選択ができるよう、周りに相談しながら進んでください。私も悩みましたが、今の選択に後悔していません。事業団で働けることをうれしく思っています。
    環境調査部 2017年入社
  • 勉強や研究をしながらの就職活動は大変だと思いますが、後悔のないように頑張って下さい。
    環境調査部 2017年入社
  • 「岡山の環境保全に貢献したいと言う熱い思い」のある方とは、ぜひ一緒に仕事をしたいです!
    入団したら、ガチで岡山の環境について語り合いましょう!
    環境調査部 2015年入社
  • 仕事もプライベートも大切に。悔いのない人生を送りましょう。事業団、おすすめです☆
    環境調査部 2015年入社
  • 何を大切に仕事をするのか,その大切なことを自身が選択する会社で守ることができるのか,考えて就職して下さい。その上で事業団を選んでくれると嬉しいです。
    環境調査部 2015年入社
  • 悔いのない就職活動をしてください。会社に入らないとわからないことも多いですが、気になることは何でも質問して、働く自分の姿をイメージできる会社に入ることをおすすめします。(イメージ通りの仕事を任せられるとは限りませんが...)
    環境事業部 2015年入社
  • 就活は大変だと思いますが、体調管理に気をつけて、万全な状態で挑んでください。共に働けることを楽しみにしています。
    環境事業部 2015年入社
  • 環境が整っているので、新しいことに挑戦してみたい・自分で考えて行動するのが得意な方にお勧めします!
    環境調査部 2014年入社
  • 一緒に岡山の環境を守り、支えていきましょう!
    環境調査部 2013年入社
  • このHPを見たあなた!ぜひ一緒に事業団を盛り上げていきましょう!お待ちしております!!
    環境事業部 2013年入社
  • 就職活動とは、人生の大きな岐路ですので、後悔のない活動、選択を行ってください。
    環境事業部 2013年入社

お問い合わせ先

〒701-0212
岡山市南区内尾665-1 アクセスマップ
公益財団法人岡山県環境保全事業団  総務企画部 総務企画課
採用担当:松本(マツモト)、舩田(フナダ)
TEL:086-298-2122
E-mail:info_saiyo@kankyo.or.jp