環境への取組み

岡山県環境保全事業団は、わたしたちの事業が地球環境と深いつながりがあることを認識し、組織や働く人が環境経営・環境活動に積極的に取り組むことで、持続可能で豊かな環境を次世代に引き継ぐことが、大切な使命と考えています。

ここでは、岡山県環境保全事業団の環境への取り組みをご紹介します。

理事長メッセージ

公益財団法人岡山県環境保全事業団 理事長 坂井 俊英

公益財団法人 岡山県環境保全事業団

理事長公益財団法人岡山県環境保全事業団 理事長 坂井 俊英

時代のニーズにこたえ、環境関連事業を通じた
地域の持続的発展に貢献していきます。

 皆様方には平素から当事業団の活動に格別のご高配を賜りありがとうございます。
岡山県環境保全事業団は、1974年(昭和49年)に設立され、「地球環境の保全」、「良好な生活環境の確保」、「資源循環型社会の形成」及び「自然共生社会の形成」など、快適で持続可能な地域社会の実現に寄与することを目的とし、行政施策と協調しながら多様な事業に誠実に取り組んできた公益財団法人です。
2018年度は「平成30年7月豪雨」による河川の決壊などにより、岡山県に大きな被害が発生した年になりました。私たちは、発生した災害廃棄物の仮置き場及び処理プラントの敷地として水島処分場の一部を提供するなど、災害廃棄物の迅速な処理に積極的に協力しました。
また、エコアクション21の環境経営システムに基づいて、省エネルギー設備への更新、施設の安定稼働や業務のムダ取りの徹底等に取り組むことで、全ての対象事業所においてエネルギー使用量・廃棄物量、水使用量削減に関する目標を達成することができました。また、環境学習センター(アスエコ)、エコアクション21地域事務局等において、持続可能な社会に向けての環境教育と普及啓発の活動を着実に前進させることができました。
環境経営方針を見直して「資機材等のサプライヤーへ環境経営に関する取組の働きかけを行う」こととし、取引先の現状調査を行いました。
さらに、全組織での5S活動の推進、職員の力量向上のための資格取得促進、顧客ニーズに柔軟に対応するための施設整備、より多くの県民の方に楽しんでいただけるイベント開催、新規事業の検討など、本業と一体化した取り組みも数多く実施しました。
2019年度の活動は、「平成30年度7月豪雨」で受けた被害から、地元岡山が一日も早く復興するために、引き続き災害廃棄物の適正処理に協力していきます。また、2年目となる「第五期中期経営計画」の達成やさらなる環境負荷の削減を実現するため、環境経営による改善に取り組んで参ります。
私たちは、当事業団の経営理念「わたしたちは環境関連事業を通して社会の持続的発展に貢献します」を念頭に多様な事業を展開し、皆様方のご期待に応えられるように、全職員が同心協力し努力を続けていく所存ですので、引き続きのご支援をよろしくお願い申し上げます。

環境経営方針

私たちが取り組む事業は、気候変動の緩和と適応、資源の循環、生物多様性などの地球環境と深い関わりがあることを認識し、経営理念である「わたしたちは環境関連事業を通して社会の持続的発展に貢献します」を実行するため、課題を主体的に捉え、同心協働して解決に取り組みます。

  • 廃棄物の適正な処理処分と資源化、環境の調査・分析、緑の創出・管理、さらには県民への環境学習、事業者へのエコアクション21普及などの事業を通して、循環型社会の形成、地球温暖化防止、自然共生社会の形成、環境意識の普及・高揚に貢献します。
  • すべての事業において省工ネルギー、省資源、化学物質管理に積極的に取り組み、環境負荷の低減を図るとともに、環境汚染を予防します。
  • 資機材等のサプライヤーヘ環境経営に関する取組みの働きかけを行います。
  • 環境関連の法令・条例および協定を遵守します。
  • 環境経営方針、目標は定期的な見直しを行い、環境経営システムの継続的な改善を図ります。
  • 環境経営方針は、事業団で働くすべての人に周知徹底するとともに公開します。

平成30年度7月豪雨で発生した災害廃棄物への対応

岡山県では平成30年7月6日から7日にかけての記録的な大雨(平成30年7月豪雨)により、河川の氾濫による浸水、斜面の土砂崩れ等が発生し、被害状況は甚大なものとなりました。そして、浸水被害があった地域を中心に大量の災害廃棄物が発生しました。
当事業団では、災害廃棄物の迅速な処理への協力として、災害廃棄物二次仮置場用地としての最終処分場跡地の貸与および、不燃物等のリサイクルや焼却処理できない災害廃棄物の最終処分を行っています。

処分場地図

不燃物

細粒物(土砂)

環境経営組織図

環境経営組織図

環境負荷実績

環境負荷実績

水島クリーンセンターでの発電

水島クリーンセンターでは、年間75,600tの廃棄物を焼却しており、焼却の際に発生する熱で発電を行い、サーマルリサイクルを行っています。
発電量は年間7,500,000kWhほどで、一般の家庭一世帯が年間に使用する電力は概ね5,000kWhですので、1,500世帯分の電気を作っていることになります。
この電力で、水島クリーンセンターや水島管理事務所で使う電力の約8割をまかなっています。

発電電力量及びエネルギー消費原単位

水島クリーンセンター

施設の運転管理

地域貢献活動の実施

水島処分場の施設を活用した環境学習

水島処分場には、産業廃棄物を埋立てしている『第2処分場』、下水汚泥と廃プラスチック類等を混焼する『水島クリーンセンター』、家庭で使われたビンを再利用できるよう選別する『倉敷資源化センター』の3施設があります。
小学校の社会科では、『私たちの毎日の生活から出るごみを減らすための環境行動としての3Rや5R』について学んでいます。水島処分場の3施設を実際に目で見て学ぶことで、社会科で学習した内容をより深く理解することができます。 2019年度は、6月に倉敷市立水島及び倉敷市立連島神亀小学校4年生のみなさん(73名)に、各施設を見学しながらゴミのゆくえやリサイクルの様子などを実体験していただき、資源の大切さについて学んでいただきました。

施設見学1

施設見学2

水島処分場の跡地への植樹活動

水島処分場は貴重な瀬戸内海の一部を埋立していることから、豊かな緑の空間を創造し、快適な生物環境の保全に貢献するとともに、海側からの景観や眺望を良好にするために、『処分場からみどりの森へ』をコンセプトとした植樹活動を行っています。
その活動は、2013年に埋立完了した水島第1処分場跡地において、自らの手で木を植える、という体験を通して、未来を担う子どもたちに自然環境や郷土を大切にする心を育んでもらいたい、との思いから毎年地元の小学生のみなさんをお招きして、地域貢献活動の一環として開催しています。2019年度は、倉敷市立水島小学校及び倉敷市立連島神亀小学校4年生のみなさん(73名)が、シャリンバイの苗木を計801本植樹してくれました。
植樹活動を体験した小学生のみなさんが大人になり、子どもたちに「あの森は、お父さん、お母さんが植えたんだよ!」と話しかける日が来るまで、『水島の森』となるように大切に育てていきたいと思います。
こうした地域に根差した『学習』や『活動』の場を提供することによって、『環境保全を意識して自ら行動できる人材』を育成することも事業団の重要な使命のひとつと考えています。

植樹活動1

植樹活動2

地域と下水道のふれあいデーへの参加

児島湖流域下水道に対する理解と下水道の普及促進を図ることを目的として開催されている「地域と下水道のふれあいデー」にブース出展し、私たちの暮らしから排出される生活排水がきれいになり、その処理過程から発生する汚泥を焼却し最終処分するまでに当事業団が果たしている役割について、クイズ迷路『よごれたみずをおいかけよう!!』で楽しみながら学んでいただきました。

イベントの様子

企業のための環境基礎講座(セミナー)の開催

環境調査部では、企業様の環境対策を支援するセミナー「企業活動のための環境基礎講座」を毎年1回開催しています。今回で7回目の開催となり、「『環境リスク管理』が『経営』を変える! ~戦略的な環境経営とは~」と題して、令和元年10月16日に企業様向けのセミナーを実施しました。
近年、いかに企業の環境リスクを把握し、低減させるかといった環境リスクの管理が重要視されており、大きな課題となっています。そこで今回のセミナーでは、最近の環境行政の動向や、経営層が知っておくべき環境リスク管理、企業の事例等について、岡山県、専門家、企業の方々にそれぞれ講演していただき、81名の方にご来場いただきました。

環境基礎講座チラシ(PDF)

環境基礎講座

環境基礎講座チラシ画像

児島湖畔環境保全アダプト及び児島湖清掃大作戦への参加

アダプトとは、「養子縁組を結ぶ」という意味です。この事業は、参加団体が児島湖流域の「里親」となり、ボランティアとして県民共有財産である児島湖畔を自らの「養子」とみなして清掃美化活動を行うもので、岡山市南区の妹尾川河口周辺のボランティア清掃に取り組んでいます。また、児島湖の環境保全対策として行われている児島湖清掃大作戦にも毎年参加しています。

ボランティア清掃

参加した役職員

おかやま環境フォーラムの開催

おかやま環境フォーラムは、2005年2月に京都で開催された地球温暖化防止京都会議(COP3)にて採択された「京都議定書」の発効を記念し毎年開催しています。このフォーラムは、広く県民に対して、地球温暖化防止に関する意識の高揚を図ることを目的に開催しており、2017年度は、野池政宏氏(一般社団法人Forward to 1985 energy life代表理事)を招き、住宅を通して私たちができる地球温暖化対策について、楽しく取り組め、「省エネ=快適、健康」となる知恵や工夫について、岡山の地域性をふまえた家の作り方や、リフォームの仕方などについてお話いただきました。本フォーラムには、県民、企業、環境団体など97名の方に来場いただきました。

おかやま環境フォーラム

おかやま環境フォーラム2

エコポイント制度「かんぽん」の取り組み

独自エコポイント制度「かんぽん」の運営

2010年の10月より、職員が様々な環境活動に取り組み、それを申請することでポイントを付与する仕組みを運用しています。環境活動の内容は、CO2削減に繋がる取り組み項目を独自に選定していて、それに環境改善の効果や取組易さ等に応じてポイントが決められています。

「自分のために取り組んだ事」が、地域・地球のために

地域への還元、貢献

地域への還元、貢献申請により付与したポイントは、1ポイントを100円として、職員が希望する地域の特産商品等と交換できるようにしており、間接的に地域支援に寄与する制度としています。
また、2015年度からは、付与したポイント額を会社が積み立てし、地域の小中学校などに、学習活動に必要な備品類の寄贈を実施、職員が環境活動を積極的に行えば行うほど、地域の子ども達の学習環境の改善に貢献できるようにしています。
地域貢献度を高めるために、小中学校などのニーズを直接聞いて、本当に必要な物品のみを支援するようにしています。

地域の小学校への寄贈

地域の小学校への寄贈2

職場内の運営委員会による取組みの推進

この環境活動支援制度は、職員の参加は強制ではなく、あくまで任意での参加としていますが、職場内に、取り組みを推進するための組織横断的な運営委員会を作り、その運営委員会を中心に、参加率を上げるための様々な啓発や仕組みの更新を行っています。その結果、取り組みを行う職員が増加し、2017年度は職員の90%以上が参加する制度となっています。

環境経営レポート

当事業団は、各種環境保全に関する事業の実施を通し、環境に与える影響の負荷を低減すると共に、有益な環境活動に積極的に取り組んでいます。2007年度からは環境への取り組みをご理解していただくため「環境活動レポート」としてとりまとめ、ご紹介しています。
 

2019年度環境経営レポート(14.2MB)
発行日:2020年8月1日 
2018年度環境経営レポート(14.7MB)
発行日:2019年8月1日 
2017年度環境経営レポート(10.6MB)
発行日:2018年8月1日 改訂日:2019年3月1日
2016年度環境活動レポート(20.5MB)
発行日:2017年8月1 改訂日:2017年8月25日
2015年度CSR報告書(5.1MB)
発行日:2016年6月30