倉敷市資源選別所(倉敷資源化センター)

びんを資源として活用するための施設です。

平成8年から水島処分場の埋立跡地の一角に倉敷市が整備した施設において、倉敷市の家庭から出されたびん等を資源として再利用するため、リターナブルびんとカレット(色別)に選別しています。

リターナブルびんとカレット(色別)に選別

ガラスびんのリサイクルの流れ

  • 各地域のごみステーション
  • 倉敷市資源選別所(倉敷資源化センター)
 

倉敷市資源選別所(倉敷資源化センター)

倉敷市資源選別所(倉敷資源化センター)

 
びんの選別

びんの選別

 
カレット

カレット

砕いて溶かして、びんの原料として再利用するもの。無色・茶色・緑色・その他の色の4種類に分けられる。

リターナブルびん

リターナブルびん

ビールびん、一升びんなどのそのまま再利用できるもの。
いわゆる生きびん。

 
  • 再生工場

施設概要

  • 施設 : 管理棟、選別棟、コンテナ倉庫、カレットストックヤード
  • 処理対象 : びん類、廃蛍光管
  • 選別方法 : 手選別
  • 処理能力 : 15t/5h
  • 稼動開始 : 平成8年4月

お問合せ先

〒712-8074
岡山県倉敷市水島川崎通1-18 アクセスマップ
公益財団法人岡山県環境保全事業団 水島管理事務所 業務課
TEL:086-440-0666  FAX:086-444-2933
E-mail:mizushima_gyoumu@kankyo.or.jp