よくあるご質問

  • TOP
  • よくあるご質問

よくあるQ&A一覧

水島処分場での建設発生土の受入時間や休業日は。

受入時間(計量所受付時間)は、午前8時30分から午後0時00分および午後1時00分から午後4時30分です。ただし、JFEスチール(株)西門の入門時間は午前8時00分から午後4時00分、出門時間は午後5時00分となっています。
休業日は、
(1)土曜日・日曜日・国民の祝日(振替休日を含む)
(2)年末年始(12月29日~翌年1月3日)
(3)その他必要上やむを得ないとき
となっています。産業廃棄物の受入とは休業日が異なっておりますので、ご注意下さい。

残土(建設発生土)の処理費及び搬出費の支払いはどのようにすればよいのですか。

A1:建設残土センターの場合は、搬入・搬出のあった月末日で土量を集計し、1m3あたりの処理費980円(消費税別)または搬出費120円(消費税別)に集計土量を乗じた料金を翌月10日までに請求しますので、請求月末日までに指定された金融機関に支払って下さい。請求にかかる土量は月別に集計し、m3単位で小数第一位を四捨五入し整数での算出とします。

A2:水島処分場の場合は、搬入のあった月末日で土量を集計し、1tあたりの受入費500円(消費税別)に集計土量を乗じた料金を翌月10日までに請求しますので、請求月末日までに指定された金融機関に支払って下さい。請求にかかる土量は月別に集計し、t単位で小数第二位までの算出とします。

残土(建設発生土)の処理費はいくらですか。

A1:建設残土センターの場合は、残土を搬入したときの処理料金は1m3あたり980円(消費税別)、残土を利用するときの搬出料金は、山代として1m3あたり120円(消費税別)です。また、残土搬出のために必要となる積込み費用は、搬出者の負担でお願いします。

A2:水島処分場の場合は、発生土1tあたり500円(消費税別)となっています。建設残土センターのように搬出する制度はありません。

残土(建設発生土)であればすべて受入は可能ですか。

A1:建設残土センターへの搬入対象は、県内の公共工事で残土センターに搬入するよう指示された残土であり、下記の条件を満たしたものに限ります。

(1)ダンプトラックに山積みができ、荷卸し後、ブルドーザで敷き均し、敷き固めが出来る土質。
(2)コンクリート殻、アスファルト殻、コンクリート2次製品殻、木くず、木の根、雑草、竹及び笹(ヨシ)等の混入物を取り除いた残土。
(3)岩砕については、概ね岩砕径が30センチ以下に破砕したもの。

A2:水島処分場への搬入対象は、工事から発生する発生土の搬入を希望する事業者の方としています。工事から発生する建設発生土であれば、公共工事または民間工事ともにご利用いただけます。搬入できる発生土の基準は、以下のとおりです。

(1)発生土の土質は、重機による敷均し後ダンプトラックの走行性(トラフィカビリティ)が確保できるものとします。
(2)改良土および浚渫土を除いた発生土を対象とします。
(3)発生土中に含まれる岩砕等の大きさは30㎝以下とします。
(4)発生土に木片・草・廃棄物等の異物が混入していないものとし、また建設汚泥等の廃棄物と適切に分別保管されているものとします。
(5)『土壌の汚染に係る環境基準』(環告46号)に適合しているものとします。

利用する際の手続きは。

A1:建設残土センターの場合は、利用希望開始の2週間前までに、依頼書を公益財団法人岡山県環境保全事業団の環境事業部事業企画課に提出し、書類審査及び承諾を受ける必要があります。
提出書類としては、(1)建設残土処理(搬出)依頼書、(2)建設残土センター搬入(搬出)計画書、(3)工事位置及び運搬経路がわかる図面、(4)工事契約書の写し(工事名、工期、発注者、請負者が確認できる部分の写し)。
詳しくは、事業団ホームページに掲載している『建設残土センター利用要領』をご参照ください。

A2:水島処分場を利用する際の手続きは、以下のような流れになります。
(1)搬入依頼書、搬入車両届出書、工事・事業場・仮置場等の発生土位置図、発生土の性状が確認できる写真を公益財団法人岡山県環境保全事業団の環境事業部事業企画課に提出して下さい。
(2)発生土の受入可否について、事業団職員が現地等で事前確認を行います。現場状況や発生工程によっては、分析証明書の提出をお願いすることがあります。
(3)受入可能と判断した場合には覚書を締結し、搬入することが可能となります。ただし、水島処分場へはJFEスチール(株)敷地内を通行する必要があるため、『製鉄所隣接地通門証』を取得していることが前提となります。
詳しくは、事業団ホームページに掲載している『建設発生土搬入要領』をご参照ください。

残土センターの利用時間や休業日は。

残土センターの利用(開場)時間は、午前8時30分から午後5時00分までです。

・土曜日・日曜日・祝日は、原則として利用することが出来ません。
・12月29日から翌年1月3日の間は休場します。
・その他災害等により、必要やむを得ないときは休場します。

民間工事で発生の残土の受入も可能ですか。

A1:建設残土センターでは、民間工事から発生する残土の受入は出来ません。公共工事から発生する残土であって、搬入先として残土センターを指示された場合に限ります。 現在、県内に1カ所の公共建設残土センターがあり、公共工事から発生する残土の受入を行い、跡地利用を目的として処理しています。

A2:水島処分場での受入対象は、工事から発生する発生土の搬入を希望する事業者の方としています。工事から発生する建設発生土であれば、公共工事または民間工事ともにご利用いただけます。

分析結果が出るまでに何日かかりますか。

通常、水の場合には2週間、固形物の場合には3週間、ダイオキシンの場合には45日程度かかります。

分析に掛かる費用はいくらですか。

分析に掛かる費用は、試料の形態(水質、土壌など)、試料の数、分析項目などのご依頼の内容により変わります。ご依頼内容の詳細をお聞かせいただければお見積書を作成させていただきます。

産業廃棄物搬入に際してのJFE敷地内の搬入経路を教えて?

産業廃棄物搬入のJFE入門は西門を必ず利用してください。また、JFE敷地内の搬入経路は 「 産業廃棄物搬入ルート案内図 」 を参照ください。

産業廃棄物管理票(マニフェスト)の購入はできますか?

当事業団では、マニフェストの販売はしていません。マニフェストの購入は、(社)岡山県産業廃棄物協会(TEL:086-254-9383(代))でお願いします。

産業廃棄物の搬入の際に携帯すべきものはありますか?

搬入者は、必要記載事項を記入したマニフェストと製鉄所隣接地通門証を携帯してください(記入例参照)。また、搬入に用いる車輌には、車輌表示ステッカー(事業団発行)を指定された位置(右側ドア)に取り付けてください。

産業廃棄物の搬入で車輌1台に廃棄物の混載はできますか?

混載は原則できません。産業廃棄物は、処理処分方法別に、一種類(大分類)ごとに、車輌に積載して搬入してください。

産業廃棄物運搬車輌で搬入できない車輌はありますか?

パッカー車、ウイング車は搬入できません。搬入に用いる車輌は、事業団ゲート係員が積載した産業廃棄物を確認できる車輌(ダンプ、トラック)に限ります。

契約以外の産業廃棄物の追加(種類の追加)がある場合はどうすればいいか?

様式6の契約内容変更申込書に必要事項(添付書類も併せて)を記入し、水島管理事務所宛に郵送又は同事務所窓口まで提出してください。また、記入方法は事業団ホームページの各種手続き・申込の廃棄物処理の記入例を参考にしてください。

契約後に会社が分社化した場合はどうすればいいの?

水島管理事務所にご連絡ください。

契約後に会社名(申込者)の変更がある場合はどうすればいいの?

特に指定の提出書類はありません。
なお、会社名の変更がわかる通知書(葉書等)を水島管理事務所宛に郵送又は同事務所窓口まで提出してください。

契約後に代表者名(申込者)の変更がある場合はどうすればいいの?

特に指定の提出書類はありません。
なお、代表者名の変更がわかる通知書(葉書等でも可)を水島管理事務所宛に郵送又は同事務所窓口まで提出してください。

契約後に産業廃棄物管理担当者に変更がある場合はどうすればいいの?

様式7の変更届に必要事項を記入し、水島管理事務所宛に郵送又は同事務所窓口まで提出してください。具体的には産業廃棄物管理担当者の変更前と変更後の氏名、職名、電話番号を記入してください。

契約後に使用する産業廃棄物運搬車輌の車輌重量の変更がある場合はどうすればいいの?

様式7の変更届に必要事項を記入し、併せて、変更後の「運搬契約書」、変更後の「計量証明書(車輌重量)」を水島管理事務所宛に郵送又は同事務所窓口まで提出してください。

契約後に産業廃棄物運搬車輌の追加をしたい場合はどうすればいいの?

様式7の変更届に必要事項を記入し、併せて、変更後の「運搬契約書」、使用する「自動車検査証の写し」を水島管理事務所宛に郵送又は同事務所窓口まで提出してください。

契約後に産業廃棄物の運搬の委託業者の追加をしたい場合はどうすればいいの?

様式7の変更届に必要事項を記入し、併せて、変更後の「運搬契約書」、使用する「自動車検査証の写し」、そして追加された委託業者の「産業廃棄物収集運搬業許可証の写し」を水島管理事務所宛に郵送又は同事務所窓口まで提出してください。なお、記入方法は同事業団ホームページの各種手続き・申込の廃棄物処理の記入例を参考にしてください。

契約した産業廃棄物の委託量の変更があるときは、どうすればいいの?

様式6の契約内容変更申込書に必要事項を記入し、水島管理事務所宛に郵送又は同事務所窓口まで提出してください。

契約した産業廃棄物の性状の変更があるときは、どうすればいいの?

様式6の契約内容変更申込書に必要事項(添付書類も併せて)を記入し、水島管理事務所宛に郵送又は同事務所窓口まで提出してください。

契約以外の産業廃棄物の追加(種類の追加)がある場合はどうすればいいか?

様式6の契約内容変更申込書に必要事項(添付書類も併せて)を記入し、水島管理事務所宛に郵送又は同事務所窓口まで提出してください。また、記入方法は事業団ホームページの各種手続き・申込の廃棄物処理の記入例を参考にしてください。

岡山県外からの産業廃棄物を受入してもらえるの?

受入しておりません。当事業団では、岡山県内に産業廃棄物の発生源を有する事業者の方のみです。

産業廃棄物なら、何でも受入してもらえるの?

当事業団の施設で受入できる産業廃棄物は、岡山県内に設置されている事業場から排出されるもので、事業団ホームページの各種手続き・申込の廃棄物処理の「産業廃棄物の受入基準表」に示される産業廃棄物であって、当該廃棄物が受入基準(共通受入基準含む。)に適合するものです。

受入審査の“現地審査”とは具体的に何をするの?

現地審査では、事業団職員が直接、排出事業所に伺い、申込のあった産業廃棄物の排出工程及び保管状況などを見させていただきます。また、必要に応じて、当該廃棄物が受入基準に適合しているか否かのために、産業廃棄物の試料を採取し、事業団分析機関で必要項目の成分検査を行います。

産業廃棄物の処理処分の委託契約までに、どれくらいの日数がかかるの?

委託される廃棄物の種類にも依りますが、廃プラスチック類やがれき類等の安定型の産業廃棄物では、申込書提出から契約締結までに2週間程度かかります。一方、汚泥や燃え殻等の管理型の産業廃棄物では、1ヶ月から3ヶ月程度かかります。

水島管理事務所に来るにはどうすればよいか?

水島管理事務所は倉敷市水島川崎通のJFEスチール(株)西日本製鉄所敷地内にありますので、JFE入門手続きが必要です。こられる際は、事前に来日時、来られる方の会社名(所属名)、氏名、人数、用件、連絡先を電話とFAXで水島管理事務所へ連絡ください、こちらで入門手続きを行います(原則、JFE北門を利用入門とします。)なお、JFE敷地内のアクセス経路は、JFE北門入門後、最初の側線交差点(信号機)を右折し、次に突き当りのT字交差点を左折し、水島ゴルフリンクスの看板を目印に道なりに南進してください。T字の交差点から約5km程に、ゴルフ場、水島処分場の入場門(白いポール)がありますので、その門の手前を左折し東進すれば、水島管理事務所がございます。

産業廃棄物の収集運搬(運搬契約の手続きも含めて)ができますか?

当事業団では、産業廃棄物の収集運搬は勿論のこと、その手続き等(運搬契約)も行っておりません。また、産業廃棄物収集運搬業者のご紹介も行っておりません。

申込書の様式2の「排出事業所概要書」の添付書類1の“それに代わるもの”は何を指すの? 

公的機関が発行した証明書を指します。例えば、建設業であれば、建設業許可証の写しでも十分ですし、また、公共料金(ガス・電気等)の領収書でもかまいません。

必要のない製鉄所隣接地通門許可証はどうすればいいの?

産業廃棄物搬入のための製鉄所隣接地通門許可証であるため、同通門証の必要がなくなれば、必ず、水島管理事務所宛へ郵送又は同事務所窓口へ返却してください。

製鉄所隣接地通門許可証はすぐ、発行してくれるの?

通門証の発行には入門時交通教育の受講等が必要であり、発行には1週間から1か月の期間が必要ですので、早めに提出してください。
また、通行のための手続きについては下記を参考にしてください。

≪通行許可申請手続≫
1.新規の方
 (1) 産業廃棄物排出事業者は、「製鉄所隣接地通行許可申請書」に必要事項を記入のうえ、通行予定者の公的証明書(運転免許証・パスポートに限定)の写しを添付し、当団に提出してください。
 (2) 当団よりJFEスチール通門証管理センター(以下「通門証管理センター」という)へ手続きに行き、入門時交通教育の受講日(毎週木曜日)の予約を行います。
 (3) 「仮通門有効期限印の押印された申請書のコピー」を申請者へ郵送しますので、指定された日(申請用紙右上に記載)に、これを提示してJFEスチールの南門から入場し、通門証管理センターにて写真撮影(有料880円/人)を行い、その後、JFE倉敷安全衛生協力会において「入門時交通教育」(有料350円/人)を受講した後、通門証管理センターで「製鉄所隣接地通門証」(以下「通門証」という)の発行を受けてください。
 (4) 新規に発行する通門証の有効期間は、1年以内の必要期間となります。

2.更新の方
 (1) 現通門証の有効期限を越えて通行する必要がある場合は、現通門証の有効期限内に「製鉄所隣接地通行許可申請書」に必要事項を記入のうえ、現通門証の写しを添付し、当団へ提出してください。(公的証明書の添付は不要です)
 (2) 当団より通門証管理センターへ手続きに行きます。
 (3) 「許可を受けた申請書のコピー」を申請者へ郵送しますので、指定された期間内(申請用紙右上に記載)に、通門証管理センターに現通門証を提出して写真撮影(有料880円/人)のうえ、通門証の更新発行を受けてください。
 (4) 更新する通門証の有効期限は、5年以内の必要期間とします。

申込書の様式5の「製鉄所隣接地通行許可申請書」の提出先は? 

産業廃棄物搬入のための製鉄所隣接地通門許可証であるため、必ず、水島管理事務所宛へ郵送又は同事務所窓口へ提出してください。

申込書の様式5の「製鉄所隣接地通行許可申請書」は提出しないとだめなの? 

水島処分場及び水島クリーンセンターは倉敷市水島川崎通のJFEスチール(株)西日本製鉄所敷地内にありますので、産業廃棄物を同施設へ搬入する際は、運転者は勿論のこと、同乗者であっても、必ず1人に1通門証(JFEの製鉄所隣接地通門証:西門用)が必要です。従って、様式5の「製鉄所隣接地通行許可書」に必要事項を記載し、また、運転免許証等の写しを添付して水島管理事務所宛へ郵送又は同事務所窓口まで提出してください。なお、廃棄物の搬入を廃棄物運搬業者に委託され、その運搬業者が同通門証を持っている場合は手続き(提出)は不要です。

産業廃棄物の処理処分の申込書(事業団指定)の記入はどうしたらいいの?

申込書の記入方法は、岡山県環境保全事業団のホームページの各種手続き・申込の廃棄物処理に申込書の「記入例」がありますのでご参照ください。

産業廃棄物の処理処分の申込書(事業団指定)はどうやったら手に入るか?

申込書は岡山県環境保全事業団のホームページから入手することができます。同団の各種手続き・申込の廃棄物処理に申込書様式(一式)がありますのでご利用ください。また、水島管理事務所まで直接取りに来ていただくことも可能です。

産業廃棄物の処理処分の委託契約をしたいが、どのようにすればよいか?

産業廃棄物の処理処分の委託契約を希望される方は、先ず指定の申込書(様式1~4)に記入の上、水島管理事務所宛に郵送又は同事務所窓口へ提出してください。記入方法は、事業団ホームページの各種手続き・申込の廃棄物処理の記入例を参考にしてください。申込書提出後、受入可能な産業廃棄物かどうか、受入審査(書類審査・現地審査)を行います。審査の結果、受入が適合すれば、契約の締結(こちらで、契約書等の書類を郵送します。)となり、廃棄物の搬入ができます。

産業廃棄物の処理処分は、すぐしてもらえるの?

当事業団の施設で産業廃棄物を処理処分するには、当事業団と産業廃棄物処理処分に関する委託契約の締結が必要です。

搬入・搬出残土は、どのように計量するのですか。

A1:建設残土センターの場合は、運搬に使用するダンプトラックの積載重量と各土質の単位体積重量を参考に、1台当たりのダンプトラック積載容量を算出し、その換算値に搬入・搬出台数を乗じて算出します。(「積算容量換算表」参照)

A2:水島処分場の場合は、計量所を設置していますので、搬入時に車両重量を計量し、荷下ろし後の退出時に再び車両重量を計量します。受入量は、搬入時の車両重量から退出時の車両重量を差し引くことにより算出します。